【クルーズQ&A】クルーズ旅行の気になる疑問、経験者が答えます!

information

クルーズ旅行には、気になる疑問もたくさんあると思います。私自身、クルーズ旅行の経験を発信するようになってから、クルーズ旅行についていろいろ聞かれるように。
そこで、よく聞かれる質問について私なりの回答をまとめました。私もクルーズ旅行のすべてを完璧にお答えできるわけではありませんが、経験上お答えできることが参考になれば幸いです!

船酔いしない?

クルーズ旅行において、船酔いを1番不安に思う人はきっと多いはず。

結論から言うと、残念ながら船酔いしないとは断言できません!
船は大きければ大きいほど揺れを感じにくくなるのは事実ですが、それでも天候や場所によっては揺れを感じることはありますし、体調、体質によっても船酔いする人は船酔いすると思います。

ちなみに私のクルーズデビューは、台風ともろ被りしてかなり悪天候のクルーズに…。(私超絶雨女なのです)「この船大丈夫?」って不安になるくらい揺れました。笑
そして私も彼も順番に船酔いでダウン。笑 
でも、吐くほどではなく、酔い止めを飲んで船室で休んで復活できました。

通常は船にいることを忘れるくらい、揺れを感じないのでご安心を。酔い止めも無料でもらえることが多いです。でも、外国船の場合、薬も外国製のものなので、酔い止めは飲み慣れたものを持って行くのがベストだと思います。また、船酔いが不安な人は、揺れを感じにくい低階層・中央部分の船室を選ぶと◎。

終日航海日って退屈なのでは?

寄港地から寄港地の距離によっては、終日航海で1日中船にいることもあります。ずっと船の中は退屈なのでは…と思うかもしれませんが、朝から夜まで船内の至るところでイベントが開催されているし、おなかが空けば船内のどこかで食事はできるし、プールにも入りたいし…と終日航海日は結構忙しい。

もちろんイベントは参加自由なので、なにもしたくない人はプールサイドでも船室でも好きなところでごろごろしていればOK!私は、ビンゴ大会に参加したりカジノに行ったり…合間に食事をして、夜はシアターでショーを観て…と充実した終日航海日を過ごしました。

食事はおいしい?

船によって味やメニューのばらつきはありますが、私が乗ったノルウェージャンジュエルはとにかく食事がおいしかった印象。コスタネオロマンチカは、正直無料レストランは可もなく不可もなく…という感じで、有料レストランで食事したのですが(有料なだけあって、超絶美味でした!)、ノルウェージャンジュエルは無料レストランで充分過ぎて、有料レストランに行かなくても満足できました。

基本的に食べ放題だから、自分のお気に入りのメニューを探すのも楽しいですよ!たまに口に合わない味付けもあるけど、外国船だしこれも思い出だなと受け流すようにしています。ただ、毎日こってりとした食事で胃疲れはしやすいので、胃薬やフリーズドライの味噌汁、青汁とか持って行くとなおいいかも。お湯はビュッフェやカフェバーで好きなだけもらえます。

ドレスコードがあるの?

昼間は基本的に服装自由ですが、夜はドレスコードが設けられていることが多いです。船のクラスによってもドレスコードの厳密さは異なりますが、私が乗ったカジュアルクラスの船は、どちらもゆるゆるのドレスコードでした。フォーマルデーも、女性はきれいめのワンピース、男性は襟付きのシャツにスラックスを履いていればOKなくらいのゆるさ。ただ、ゆるいと言っても、男性がスペシャリティレストラン入場の際に、半ズボン・ビーチサンダルで止められているのは見かけました。
ラグジュアリークラスになると、ドレスコードはもっとかっちりするかと思うので確認したほうがいいかと思います。

ドレスコードがあると荷物がその分増えるし面倒に感じてしまう人もいるかもしれないけど、せっかくの船旅、おしゃれして楽しんだほうが旅の満足度も高いはず。ちなみに、ホワイトデーというものもいきなり登場したりするので、白い服は持っていくことをおすすめします、ホワイトデーがなくても、海に映えるし、写真写りもいいですしね◎。

子連れでも楽しめる?

この質問よくされるのですが、個人的にはむしろ小さい子どもがいるファミリーにクルーズ旅行は適していると思います。

もちろん環境の変化とか船酔いとか、お子さんの体調管理に気を付ける必要はあるけれど、これは通常の旅行でも変わりないことだと思います。クルーズだと、

  • 疲れたらすぐ部屋に戻れる
  • 子供がぐずっても部屋に戻れば、周りに気を遣わなくていい
  • 乗船から下船まで、荷物は部屋に置きっぱなしにできるので、身軽に観光できる
  • 船によっては託児所がある

といったメリットもあるので、ストレスが少ない旅行ができるかと。
私が乗ったノルウェージャンジュエルは、お子さんが楽しめるイベントもたくさんあったし、託児所にお子さんを預けて大人だけの時間を過ごしているファミリーもたくさん見かけました。クルーも「贔屓しすぎでは?」と思うくらい、子供にはめちゃくちゃ優しいデレ甘な人が多い!笑 事前相談すればベビーベッドの貸出可能な船もあるみたいだし、とくにカジュアルクラスの船は、ファミリー層に合わせたサービスを用意している印象です。

チップは必要?

クルーズ代金の中には、チップ代が含まれていることがほとんどなので、別途チップを払う必要はありません。いちいちチップを気にしなくていいので、快適でした。

特別なことをしてもらった、親しくなって懇意にしてもらったなど、お世話になったクルーに別でチップを渡すのは、クルーにとって励みになります。そのときの状況や感情に合わせて、チップを渡すのはもちろん素晴らしいこと。
面倒な人はチップを個別に払うことも用意する必要もないので、安心してください!

クルーズ旅行における代表的な疑問、質問を私の主観も踏まえてまとめました。旅行前に、疑問を持って、調べて解決しておくのは、クルーズ旅行に限らず大事なことだと思います。ほかにもクルーズ旅行に関するあれこれ、私がわかる範囲で発信していこうと思うのでお楽しみに!

AYA

1986年生まれ。ミーハー&オタク気質の会社員兼ライター。 好きなもの♡韓国エンタメ・旅行・コスメ・美容・サウナ・映画・漫画・お笑い 旅行先の情報収...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧